3/8〜3/14の鶴川落語会

いよいよ春到来です。東京でも桜が咲きました。暖かくなると外へ出たくなりますが、今年も花見はお預けになるのでしょうか。そろそろ自由に動きたいと思ってしまいますね。


先週の鶴川落語会、皆様にわかりやすいところでは、13日(土)に柳家小はぜ勉強会其の二十五〜勉強会ですが、負けませんっ!〜の予約を開始しました。今回も開始早々、ご予約で満席になりました。このような時にお申込みいただきまして、まことにありがとうございます。現在はキャンセル待ちを承っておりますので、ご希望のお客様は、tsururaku@yahoo.co.jpまでお申込みください。


そして、14日(日)は、三遊亭遊かりさんの独演会のお手伝いに行ってきました。演目は以下になります。

ゲストの三遊亭好の助師匠は「付き馬」。若さの中に軽やかさがあり、力まずリラックスして楽しめる落語でした。遊かりさんは三席大奮闘。この会で遊かりさんは毎回悶絶し奮闘していますが、奮闘の様子が会を追う毎にレベルアップしているなと感じています。次回は6月20日。ゲストは瀧川鯉八師匠です。乞うご期待!


先週は他にも、様々な人に会い、様々なご意見を伺う機会を頂戴しました。新しい企画も少しずつ前に進めております。コロナ感染に慎重になりながらも、やれることには取り組んでいきたいと思っております。


人は人にしか、救われません。繋がりなくして、人間らしい暮らしはない、と思います。今後も生のつながりを大切にした企画を考えて行きたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



町田駅から市民ホールに向かうバスロータリー近く、パリオビル地下1階「まほろ座」というライブハウスのランチメニュー、高座豚丼の写真です。さがみはら若手落語家選手権に行かれたことのある方には耳馴染みの高座豚、ここで食べられます!

柔らかくてクセがなく美味しい!100円プラスのミニスープも毎回美味しいので、皆さんにおすすめしたく。


レストランとしての営業も開始され、16時30分からのアラカルトの営業も開始されています。(アラカルトはランチとメニューが変わります)レストラン営業日は、ライブのない日に限っていますので、ホームページ等で調べてから行かれてください。感染予防対策もバッチリでした。


皆さん、工夫してこのコロナ禍を乗り越えていこうとされています。私たち鶴川落語会も頑張ります。もう一踏ん張り、がんばろう、町田の皆さん!がんばろう、文化活動の皆さん!


最新記事

すべて表示

「寄席」という存在

明日5/1より、東京の定席(上野鈴本、新宿末廣、池袋、浅草)は閉めることを決定しました。このことは、皆さんも既にご存知でしょう。先の4ヶ所の定席だけではなく、国立演芸場、上野広小路亭などの永谷の演芸場、両国寄席、浅草東洋館、木馬亭、神田連雀亭などなど・・・ほぼどこも休業を決定しています。 都からの無観客開催要請に対し、当初は「大衆娯楽である寄席は社会生活の維持に必要なもの」と判断。客席を半分に減ら

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page