12/6〜12/12の鶴川落語会

ブログのタイトルを打ち込みながら、「もう12月も中旬じゃないの!?」と思ってしまいました。この勢いでクリスマスを迎え、そして年が明けるのでしょう。なんとか、台所の大掃除くらいは済ませて年を越したいのですが。


さて、先週の鶴川落語会は、何と言っても「正蔵・喬太郎ガチンコ二人会」でしょう!

和光大学ポプリホール鶴川の300席を100%開放し、満席での開催となりました。ご来場、まことにありがとうございました!


演目は前回のブログに貼り出しの写真が載っております。そちらをご覧ください。

この会が終わると、とうとう今年が終わるなあとしみじみ思います。


今年は企画した会の殆どを、開催まで漕ぎ着けることが出来ました。(毎年行っている学校寄席が、昨年に引き続き中止になりましたが)とは言いましても、お客様の入場者数を半分にしたり、感染防止対策のためお客様に連絡先のご記入をお願いしたり、消毒や分散退場へご協力いただいたりしました。以前のようにはまだまだいきませんが、少しずつ日常を取り戻しつつある実感があります。


なんて言っている鼻先で、変異株が〜というニュースを見るようになりました。年末年始は、日頃合わない親族に会ったり、お酒を飲む機会が増える時期です。変異株の影響が大きくないことを祈りつつ、開放感も味わいたいものです。ストレスとのバランスを保ちながら、良い年末をお過ごしくださいませ。


今回もお客様からお預かりしました、連絡先の個人情報は、会終了から3週間ほどお預かりし、何事もなければこちらで漏れがないように破棄いたします。



さて、らくご@鶴川の次回は、志ん輔VS若手真打の会です!

出演者全員に大暴れしていただきたく!

発売日は、12月15日(水)、なんと今週の水曜日です。

鶴川落語会では午前9時、町田市民ホール(かわせみオンラインチケットも市民ホールの枠です)では午前8時30分、イープラスでは午前10時開始です。


志ん輔師匠には、浪曲の国本武春さんとの会や、圓太郎師匠との二人会など、いろいろな企画で鶴川に登場頂いておりますが、今回の若手真打との企画は、2018年1月にも一度実施しており、その第二弾となります。今回は協会の垣根は取っ払い、実力派の若手真打にずらり(と言っても3名ですが)ご出演いただきます。

いつもの鶴川とはちょっと違う企画の会です。是非、お運び下さい!




昨日の12日(日)は、三遊亭遊かり独演会9へ行ってきました。この会は、私が裏仕事を少々手伝っています。


遊かりさんの現在の奮闘をご覧いただけたと思います。「たちきれ」予想を遥かに上回る(遊かりさん、ごめん)出来栄えでした。前半は、やっぱり遊かりさんは遊雀師匠のお弟子さんだな〜と感じる箇所が幾度もあり、楽しく。

そしてゲストの柳家小平太師匠の「不動坊」が、も〜楽しい!お客様もひっくり返って笑っていましたね。私もたいへん楽しませていただきました。


次回の遊かり独演会は、3月27日(日)、10回記念と遊かり芸歴10周年記念の会です。

このチラシ、私が作成したのですが・・・発売日の曜日を間違っており・・・大変申し訳ございません。発売開始日は12月17日(金)です。


三代親子会という、ありそうでなかなか実現しない会です。

私は立場上、知り合いや友人から「落語初心者は、誰から聞けばいいの?」とよく聞かれます。数名の落語家さんの名前を挙げますが、その中のお一人として必ず名前が挙がるのが、遊かりさんの大師匠である小遊三師匠です。


笑点でお馴染みの師匠ですが、是非生の落語も!遊かりさんの師匠・遊雀師匠は鶴川に今年ご出演いただいたばかりで、面白さは折り紙付きですね!そして何より、遊かりさんの奮闘ぶりを見に来て下さい。


チケットご希望の方は、イープラスにてお買い求め下さい。こちらの会も併せて3月、お待ちしております!

最新記事

すべて表示

こちらのブログをご覧いただいている皆様、まことにありがとうございます。 これまではこちらに最低でも週一回、記事を書いて更新して参りましたが、もっとたくさんの方の目に留まりやすいところで書いた方がいいのではないかとの助言もあり、今後はnoteという場をお借りしてに書いていくことにしました。 鶴川落語会のnoteは、こちらからどうぞ。 おそらくペースは変わりませんが、内容はもう少し充実させたいと考えて