5/24〜5/30の鶴川落語会

暑くなってきましたね。今年の夏も厳しい暑さになるのでしょうか。マスク着用で過ごす2年目の夏。熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。


さて、先週の鶴川落語会は、「らくご@鶴川 遊雀・萬橘二人会」のチケット発売を開始いたしました。

イープラスは残席が少なくなってきましたが、当会販売分もまだお席のご用意が可能です。

町田市民ホール(かわせみオンラインチケット)でも発売中です。多摩地区でこのお二人の組み合わせは、なかなかありません。どうぞ、お楽しみに。


そして、新しい落語会のお知らせも。


6月26日(土)、7月31日(土)に、町田市民の癒しの場である薬師池公園の四季彩の杜にて、町田市在住の柳家小はぜさんご出演の落語会を開催することが決定しました。

詳細は、前のブログに書いておりますので、そちらをご覧ください。


これまであまり落語を聴いたことがない方、興味はあるけど・・・という方を対象にした内容になります。

アクセス的に、町田市の皆さまには車やバスでお越しいただける立地になっております。


新しい四季彩の杜で、皆さんと楽しいひとときを過ごせたら良いなと思っております。ご来場をお待ちしております!


新しいことを考えている時は、とても楽しいですね。

こういう活動を心置きなくできるときが早く戻ってきて欲しいと思います。



(写真がボケていてスミマセン)

先週は、町田市民ホールで開催の「落語教育委員会」へ行ってきました。

喜多八師匠亡き後、兼好師匠を新メンバーに迎えて初めての町田公演だったそうです。


恒例の寸劇も楽しく、とにかく師匠方がお元気そうでなによりでございました。楽しかったです。

喬太郎師匠には、今年も12月に鶴川落語会へご出演いただきます。詳細が決定しましたら、またご案内いたしますので、乞うご期待!