3/22〜3/28の鶴川落語会

桜が咲き始めたと思ったら、もう散り始めたようで、本当にこの季節は短く、あっという間です。去年もこの頃はすでに新型コロナウイルスが流行しており、満足に花見ができず、「この楽しみは来年に取っておこう」なんて思っていましたが、今年も歩きながら鑑賞する程度の花見で終わりました。いつになったら、昔のように出店が並び、シートを敷いて、のんびり花見ができるようになるのでしょうか。


まずはお知らせです。

4/10(土)柳家小はぜ勉強会其の二十五〜勉強会ですが、負けませんっ!〜のキャンセル待ち受付を一旦終了いたします。緊急事態宣言解除で、入場者数を増やすことも検討しておりますが、感染者数がまた増加し始めていることもあり、もう少し様子を見て考えます。

ご希望の方は、6月の会への来場を検討くださいませ。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


さて、先週の鶴川落語会は、5月の総会に向けての資料作成、決算に向けて会計の処理方法を調べたり、事務仕事が中心でした。そして引き続き、今後長く相談に乗っていただける税理士さんを探し続けております。NPO法人の会計は専門の方が少なく、なかなか引き受け手が見つかりません。今はいくらリモートで相談可になっているとはいえ、直接お目にかかって相談できる距離にいていただけるほうが安心なので、町田市近郊で探しています。


今後の活動に時間や労力を使いたいのに、会計のことに気持ちが持っていかれてしまっており、そこを解消したいのですが・・・。なかなかうまくいきませんね。

税理士さんが見つからないことも考えられ、そもそも私がよくわからないままではいけないと思うので、書籍やネットを使って勉強しています。学ばねばならないことがたくさんあって、私が3人欲しいくらいです。でも、この年齢になっても学びは楽しいです。脳みそのキャパを超えそうですが、がんばります。


今週は、新しい活動に向けての行動が少し進みそうです。早く皆様に報告できる段階になればと思っていますので、乞うご期待!です。


先日、新百合ヶ丘〜鶴川の間に流れる麻生川の桜を見てきました。(緑のパーカーは私です。)この辺りにお住まいの方はご存知ですよね。


線路に近いところにあるので、小田急線の中からも見ることができます。特に、新百合ヶ丘〜柿生間は素晴らしい眺めです。昨日の雨で散ってしまったかもしれませんが、その区間を通る機会がございましたら、ぜひ。


最新記事

すべて表示

「寄席」という存在

明日5/1より、東京の定席(上野鈴本、新宿末廣、池袋、浅草)は閉めることを決定しました。このことは、皆さんも既にご存知でしょう。先の4ヶ所の定席だけではなく、国立演芸場、上野広小路亭などの永谷の演芸場、両国寄席、浅草東洋館、木馬亭、神田連雀亭などなど・・・ほぼどこも休業を決定しています。 都からの無観客開催要請に対し、当初は「大衆娯楽である寄席は社会生活の維持に必要なもの」と判断。客席を半分に減ら

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page