2/15〜2/21の鶴川落語会

2月とは思えない暖かい日が続いています。花粉が大量に舞う季節でもあり、体調を整えるのが難しい時期ですね。

皆さま、どうぞお気をつけてお過ごしください。


先週の鶴川落語会は、今後の活動を考える期間でした。昨年は新型コロナウイルスの影響で思うように活動ができず、何のために生きているのかわからなくなるほどでした。

今年は昨年とは違って、新型コロナウイルス予防のガイドラインが固まっています。それをしっかり守りながら、やれることはやっていこうと考えています。


それでも、コロナ前の世界のようにはいきません。やれることとやらないほうがいいことの見極めも必要です。企画を考えるにしても「楽しそう」「喜んでもらえそう」「こういうことも見てもらいたい」という思いだけではなく、実現が可能であることが大前提になります。止まってばかりいたら、何も生まれません。工夫をしてなんとか、地元の方々に楽しい時間をお届けできるよう、頑張りたいと思っています。




おうち時間の充実に、カルディ・コーヒーファームや成城石井、富澤商店などのお店の利用が増えました。昔に比べたら輸入チーズが安く手に入るようになり、見かけたらつい買ってしまいます。


フランスで暮らした経験がある友人がいるのですが、以前はフランス産のチーズは日本では高すぎて買う気がしないと言っていました。それを聞いて私も、そんなに高価なのは・・・と、積極的に購入することはありませんでした。しかし、今は旅行にもなかなか行けませんし、こうしたお店で少しの異国感を味わうしか方法がありません。元々、海外旅行に行けるほど裕福ではありませんが、それでも拘束が多い生活に癒しは必要です。本来は食べ物だけではなく、文化もその役目を担っているはずで、その役割は放棄したくない。


何をするにも、そんなことを思う今日この頃です。

最新記事

すべて表示

2月の勉強会の小はぜさんが記事になりました

今日は、小はぜさんの話題です。 2月開催の柳家小はぜ勉強会其の二十四〜勉強会ですが、負けませんっ!〜の小はぜさんが、47ニュースの47リポーターズという枠で記事になりました。 https://www.47news.jp/47reporters/5909981.html 小里ん師匠、遊三師匠、志ん輔師匠、それぞれの芝浜について、共同通信社の八木良憲さんが取材を通じて感じたことをまとめていらっしゃるの

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page