12/14〜12/20の鶴川落語会

いつも月曜日に更新しているブログでしたが、今回は一日遅れてしまいました。


今週の鶴川落語会は、ほぼパソコンに向かって会計や精算を中心に行いました。地味な作業ですが、とても大事なことです。会計に向かうと、今年は本当に厳しい1年だったなと感じます。


今年の6月に鶴川落語会はNPO法人になりました。これまでの個人、任意団体としての活動とは全く勝手が違います。そんなタイミングで新型コロナウイルスが蔓延し、活動の大半ができなくなったことは、鶴川落語会にとっても大きな影響がありました。


本来でしたらもっと早く、ホームページを充実させたり、パンフレットを配ったり、たくさんの方々にお目にかかって、賛同してくださる仲間を見つけたりするはずでした。それが一気に、新型コロナウイルスへの対策で、会の開催自体を検討したり、中止や延期の手続きに追われたり、負の行動へ労力が取られるようになりました。


この1年を振り返ると、常に心配し、悩み考えた1年だったなと思います。この先どうなってしまうのか。果たしてこの先求められる活動になるのか。今もずっと心の中で考え続けています。


おそらく来年もコロナの影響は大きく、生の落語を心の底から安心して楽しむ環境にはならないでしょう。それでも鶴川落語会は、生の寄席演芸への橋渡しの役を、多摩地区にお住まいの方中心に、なんとか細々と続けていきたいと考えています。


当会の強みとして、「小回りが利く」という面があります。法人になったとは言え、意思決定までのプロセスが簡潔だからです。大規模所帯ではないからこその強みを生かし、短期間での決定、実行が可能という強みは、このコロナ禍では良い面だと思います。


コロナの逆境の中でも、やれることはある。どこかで求められることがあるはずだと信じて、来年も活動を続けていく所存です。

今後とも応援いただければ、幸甚でございます。



私の出身、熊本の銘菓「陣太鼓」です。今も熊本に住う父より送られてきました。


熊本は今年、大雨による球磨川の氾濫がありました。被害が大きかった人吉市は、父の生まれた地でもありました。


あんなに大変なことになった地に、応援やボランティアといった理由があったとしても、コロナの影響で簡単には向かうことができません。コロナは本当に迷惑なやつで、できる限り早めに退治する必要があります。


医療関係者の方々も、大変な思いをされていると聞きます。国が全く当てにならない今、苦しい思いをしている方々を思いやり、個々でできる予防対策を粛々とやるしかありません。皆さま、どうぞお気を付けてお過ごしくださいませ。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page