11/30〜12/6の鶴川落語会

先週は、柳家小はぜ勉強会其の二十三〜勉強会ですが、負けませんっ!〜へのご来場、まことにありがとうございました。

寒いし、雨も降りましたし、コロナ禍ですし・・・三重苦の中、鶴川までお運びいただきまして、重ねて御礼申し上げます。


そのような中ではございましたが、とても良い会になりました。これも、お越しの皆さまのご協力のおかげです。


小はぜさんを雨男と思い込んでいましたが、小はぜさんが出演する会全てが雨というわけでもなく、そう考えますと、主催の私が雨女なんじゃ・・・?!という疑惑が。今まで小はぜさんの雨男っぷりを楽しんでいましたが、自分のことになると笑っていられなくなります。今週12日(土)には、正蔵・喬太郎ガチンコ二人会Vol.8ですし、雨は回避したいところです。


おかげさまで、完売になっております。このような時に、まことにありがとうございます。

通常300席のところ、142席で開催します。マスク着用、体調悪い方は来場をご遠慮ください。


皆様の感染予防へのご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご来場を心よりお待ちしております!



今週はもう一つ、鶴川落語会が関わっている会がございます。

13日(日)開催の三遊亭遊かりさんの独演会です。

年4回の遊かりさんが勝負する会、まだお席のご用意可能とのことです。

鶴川落語会のお客さまには、少し遠方の両国になりますが、もしお越しいただけるようでしたら、上記のチラシのご予約取扱へご連絡ください。


コロナじゃなければ、是非是非!と堂々と申し上げるところです。コロナはいろんなものを奪っていきます。あまり長引かせることなく、収束させたいと誰もが思うところですが、国民が自発的な我慢を強いられてばかりで、どうもしっかりとした国の対策が見えてきません。落語家さんも会の主催も、やれる対策をとりながら、自分たちの仕事に粛々と取り組むしかありません。


遊かりさんは入門が遅めで、巷の二ツ目さんよりちょっとばかし年齢が上です。そんな彼女がたくさんのハンデを乗り越えて開催する独演会、ご無理なく来場可能なお客さまは、ご検討いただければと存じます。



先週は、がん検診にも行ってきました。バタバタしても、それだけはちゃんとしておきたいと思っています。


検診を受けた病院は、コロナのこともあり、厳戒態勢でした。コロナ対策を取るのも負担が大きいことでしょう。早く医療従事者の方々が心配なく休める日が来ますように。