1/24〜1/30の鶴川落語会

いやはや、コロナ一色ですね。こうなってくると、仕事に手がつかないというか、何をやっても「果たして開催できるのだろうか・・・」とか「今こういうことをやって、大丈夫なのだろうか・・・」と、頭をよぎります。


皆さんも、お仕事や食材の買い出し等、生活に必要な外出時に、感染不安が常に付き纏ってストレスだと思います。感染は避けたいところですが、そのストレスで参ってしまうのも避けたいところです。かと言って、どう過ごせば、心も体も良好な状態が保てるのか、今は答えが見えませんね。うまくバランスを取りたいと思っていても、バランスの取りようがないといいますか・・・。


実は先々週の土曜(22日)、私と同居している大学院生の息子が発熱しました。土曜だったので保健所は休み、東京都の発熱相談センターの電話をして(これがなかなか繋がらなくて、何度かチャレンジしました)休日対応の発熱外来を教えていただき、片っ端から電話しました。しかし、全然繋がらず、この日は医療につながることは断念しました。


息子は翌日の日曜に解熱。発症時から咳も喉の痛みもなく、すっかり元気になりましたが、2月中旬に大学院入試や修論審査会を控え、検査をする必要があったため、月曜日(24日)に近所の発熱外来の病院へ電話。翌日の火曜日(25日)に検査予約が取れました。他にも数件、発熱外来の病院に電話しましたが、とにかく検査が混んでいて、翌日に予約が取れたら早い方で、ほとんどの病院が2〜3日待ち状態でした。


火曜日(25日)に検査を受け、検査結果は翌日の水曜(26日)午後と聞いて待っていましたが、結局連絡が来たのが木曜(27日)。水曜日には検査結果が届かなかったそうです。病院もですが、検査機関も激混みで、今はそう簡単にコロナの診断に辿り着けないこともわかりました。


息子の検査結果は、陰性。薬局で購入した抗原検査キットの結果も陰性でした。病院の医師からは「コロナは陰性だったけど、しばらくは人との接触は避けるように」との指示があったので、我が家は現在、家族全員お籠り状態です。私は息子が発熱した翌日曜に、頭痛と吐き気がありましたが、結局発熱はしないまま良くなりました。大学生の娘は、無症状のまま。検査結果は陰性とはいえ、今この風邪をうつしたら迷惑をかけるので、今週も人との接触は避けて過ごします。


今は、そう簡単に検査も受けられなければ、検査結果もすぐには出ません。自宅で検査できる簡易検査キットも品切れが続いているようで、コロナの診断が付くまでに、いろいろ乗り越えねばならないハードルが多すぎます。我が家の息子は陰性でしたが、これがコロナ陽性で、症状が重かったら、どうなっていたのでしょう。今は誰がかかってもおかしくないくらい、蔓延しているそうですので、本当にお気を付けくだいませ。


そんな先週だったので、仕事らしい仕事はできず。予定していた落語会や演劇のチケットも、ただの紙切れになりました。残念。2月は12日に小はぜ勉強会を控えていますので、今週も外出は必要最低限に控え、体調優先で過ごしたいと思います。


この会は、ご予約で満席です。この状況だと、増席は難しそうです。

次回は、4月9日(土)ですが、その頃にはコロナの心配をすることなく、皆さんと楽しい時間が過ごせるといいなあと思っています。ご予約開始日等は、また追ってご案内いたします。


そして、町田市の落語ファンの皆様、今年は「ふれあい落語」開催します!


鶴川落語会が企画・制作、お手伝いしています。


3/2(水)13:30〜 堺市民センター

瀧川鯉丸、柳家小はぜ


3/9(水)13:30〜 鶴川市民センター

柳亭市弥、春風亭朝之助


※各回、出演者各一席ずつ


ご予約は、上記のチラシをご覧ください。(鶴川落語会では受付しておりません)

町田市イベント申込システム「イベシス」では、明日2/1正午よりスタートです。

町田市イベントダイヤルでは、2/8正午スタートになります。


3月には、コロナも今よりは落ち着いていると思いますが、どうでしょう。

ご近所の方も、遠方でもいらしてくださる方も、ご来場お待ちしております。



最新記事

すべて表示

こちらのブログをご覧いただいている皆様、まことにありがとうございます。 これまではこちらに最低でも週一回、記事を書いて更新して参りましたが、もっとたくさんの方の目に留まりやすいところで書いた方がいいのではないかとの助言もあり、今後はnoteという場をお借りしてに書いていくことにしました。 鶴川落語会のnoteは、こちらからどうぞ。 おそらくペースは変わりませんが、内容はもう少し充実させたいと考えて