鶴川落語会はNPO法人になりました

いきなりのお知らせになり、申し訳ございません。


鶴川落語会はこれまで7年ほど、任意団体として活動してまいりましたが、

令和2年6月より、特定非営利活動法人(NPO法人)として活動していくことになりました。


NPO法人になったからといって何かが変わるわけでもなく、これまで通り、粛々と町田市をはじめ東京都多摩地区を中心に、寄席演芸の楽しさを伝えるための活動を続けていく所存です。


たくさんの落語会がコロナウイルスによる公演自粛になるような、そんなタイミングになってしまいましたが、痒いところに手が届くような、一般の法人では取り組みにくい隙間を埋めていくような、そんな活動ができたらと思っておりますので、お手伝いできるようなことがございましたら、遠慮なくご相談ください。


NPO法人って、そもそも一般の法人と何が違うの?とお思いの方には、

内閣府NPO

のホームページを参照ください。

私も、自分で立ち上げるとなって初めて知ったNPO法人の実態がございました。


寄席演芸の会を開催する団体がNPO法人として認証をいただくのは、なかなか珍しいことのようで、認証をいただくまでにいろんな面白エピソードがございました。そのうち、そんな話も公開できたらいいなと思っております。


NPO法人化にあたり、お力添えいただきました、(一財)町田市文化・国際交流財団の皆さま、町田市地域サポートオフィスの皆さま、多方面で相談に乗っていただいた皆さま、

そしていつも鶴川落語会を支えてくれている鶴川落語会スタッフの皆さま、本当にありがとうございました!


今後もお客様をはじめ、皆さまのご協力、ご支援が全てです。

何卒、引き続きご贔屓賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


最新記事

すべて表示

「寄席」という存在

明日5/1より、東京の定席(上野鈴本、新宿末廣、池袋、浅草)は閉めることを決定しました。このことは、皆さんも既にご存知でしょう。先の4ヶ所の定席だけではなく、国立演芸場、上野広小路亭などの永谷の演芸場、両国寄席、浅草東洋館、木馬亭、神田連雀亭などなど・・・ほぼどこも休業を決定しています。 都からの無観客開催要請に対し、当初は「大衆娯楽である寄席は社会生活の維持に必要なもの」と判断。客席を半分に減ら

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page